岡崎市六名駅徒歩10分、駐車場47台完備の整形外科

天野整形外科クリニック

0564-55-6877

小児(お子様)


 当院ではお子様の整形外科疾患についても診察しております。特にお子様は症状の訴えがあいまいで、原因もはっきりしないことが多くあります。もし日頃と様子が違う、歩行がおかしい、手を動かしたがらない等、お気づきの点があれば是非ご相談下さい

小児(お子様)に多い疾患


肘内障


 子供が手を引っ張られたり、捻られたりした後で急に腕を動かさなくなり、動かそうとしたり、着替えの際に肩や肘・手などの痛みを訴えます。肘の靭帯から骨が外れるかかることが原因です。再度生じることもあるため、注意が必要です。

単純性股関節炎


  朝起きたときに急にあしが痛くて歩けないなど、突然に股の関節を動かす時に痛みがおこります。かぜをひいた後(微熱程度)などに起こります。歩く時は、痛みのためにあしをかばって引きずります。

先天性側弯症

 

背骨の中のいずれかに生まれつきの異常があるために、成長期に左右の成長に差が出ることです。生まれた時から背骨が曲がっているのではなく、 骨の奇形が原因で変形が起こることを言います。

Copyright © 2011 天野整形外科クリニック All Rights Reserved.